はじめての個展【kukka】

kukkaはフィンランド語で「花」の意味。

自宅で過ごす時間が長くなった今年、
ふと目にした時に心なごむ作品を目指して制作しました。
近所で草花を摘み、小さなコップにちょこっと挿すような、
蔓植物の実を天井から吊るして飾ってみるような、
そんなイメージです。

個展タイトルは、北欧とゆかりのあるplus-eitchさんにネーミングしていただきました。
クッカという響きも可愛く気に入っています。

作品は、真鍮線とガラス玉で制作しています。
真鍮線は、叩いて表情をつけた後、ロウ付けしながら形作り少し黒っぽく燻したら、
先端に、いろんな色のガラスを溶かしつけます。
小さなガラス玉は光を集め、やさしく輝きます。

モビールは、ご自宅の天井や梁から吊り下げたり、
置き型の小さなオブジェは、窓辺の棚やデスクの上などで楽しんでいただけたら嬉しいです。

会期は短いのですが、私は全日、会場におります。
冬でもあたたかなplus-eitchさんにて、換気を十分に感染防止対策をとりながら、お待ちしております。
ご来場のみなさまには、マスクの着用、入口での手指消毒など、ご協力をお願いいたします。

なお、状況により予定を変更する場合がありますが、
その際は、こちらのブログ、Instagram等で随時お知らせさせていただきます。
お手数ですが、ご確認ください。

…………………………………………

asatte by Asako Hada
First Exhibition
kukka

会期:2020年12月10日(木)~13日(日)
時間:11:00~16:00(12日のみ18:00まで)

会場:plus eitch(プラスエイチ)
Map:神奈川県三浦郡葉山町一色720-68
Web:https://plus-eitch.jp
Instagram:@plus_eitch

当日のご連絡先:090-1808-7441(スズキ)

plus eitch(プラスエイチ)は、三浦半島の葉山一色、山側の高台にある小さなスペースです。

アクセス:【お車の場合】
台数に限りがありますが、会場に駐車場がございます。

アクセス:【公共交通機関ご利用の場合】
○歩くのが苦にならない方は・・・
JR横須賀線逗子駅から京急バス1番乗り場より[衣笠駅行き]もしくは[湘南国際村行き]に乗車、20分ほどの《一色住宅》で下車。進行方向前方の信号を渡り、そのまま道なりに山を登ってください。途中、右手に富士山が見えるかもしれません。
さらに進むと住宅街に出ます。三つに分かれた道の一番右、斜面側を進み奥から二軒目、黒っぽい箱形建築のplus-eitchさんに到着です。バス停からは1.5km程度。かなりの山登りです!
○坂道を登るなんてNG!という方は・・・
逗子駅からタクシーですと2500〜3000円程度です。
○歩いて登るのは嫌だけどタクシー代が高すぎるなぁという方は・・・
逗子駅にて上記と同じバスに乗車いただき、《一色住宅》では降りずに2つ先の《水源地入口》で下車。すると、バス停の目の前が富士タクシー湘南営業所です。ここからタクシーで会場までですと、待機車の有無によりますが、500〜800円程度です。

Instagram(asakohada)では、葉山の風景などとともに、作品画像や制作風景をアップしています。
よろしければご覧ください。

なお、今回の個展では、アクセサリーの展示販売はございません。