【kukka】2020年、ありがとうございました

はじめての個展【kukka】にお越しいただいたみなさま、遠方からエールを送ってくださったみなさま、ありがとうございました。

大荒れの2020年でしたが、私自身は、葉山の地で家族と暮らし、ごく自然に制作の時を楽しむことができました。
手を動かしていると、頭の中に次々と夢が広がり、いろんな方の笑顔が思い浮かびます。

たまに工房から庭に出て背伸びをしながら休憩していると、小さな草花や木の実が目に入ります。
そんなひとつひとつが愛おしく、樹々を通り抜ける風に吹かれ、空を見上げ、裏山の鳥のさえずりを聴き、あー、ここはなんていい場所なんだろうと思い、ますます創作意欲が湧きました。


個展【kukka】の会期は4日間、計22時間でした。
振り返るとほんの10分間以外は、途切れることなく、お客さまが滞在してくださいました。
葉山の中でも決して便利な場所とは言えぬ山の上まで、なんと94人もの方が足を運んでくださいました。
この状況下、楽観的な私でも全く予想外のことで、ただただ感謝しかありません。

そして、会場のplus eitchさんでのひとときを、久しぶりに晴れやかな気分になれたと喜んでくださる感想が多かったことが、何よりも嬉しかったです。

コロナ感染拡大防止対策のため、消毒やマスクの着用はもちろん、密を避けるために来場時間を調整いただいたりと、みなさまには多くのご協力をいただき、ありがとうございました。


さて、今回展示した作品のうち、なんと41点もの【kukka】がお嫁にいきました。
ご自宅のリビングや階段の踊り場に吊るしていただいたり、キッチンや玄関の棚、トイレの小窓脇に置かれる方もいらっしゃるかしら?

下記は、ご購入いただいたお客様のブログです。
猫ネコ英語『日曜日のおまけ。』
今回、数点だけ、文字を題材にした作品があり、その中の「HAPPY」をご購入いただいたのですが、モビールを持ち帰りセッティングするまでを丁寧に綴ってくださっており、その一文一文に感激してしまいました。

ありがとうございました。


モビールもオブジェも、それぞれのお嫁入り先で、ふと目にした時に、ほっと心が和むような、ちょっとだけ気分が華やぐような【kukka】になっていれば幸せです。


ご来場いただいたお客様とお話ししつつ、私は既にあれこれ作りたいものがいっぱいです。
またいつかお披露目ができるよう、コツコツと作りためたいと思います。

photo by Koji Suga

photo by Koji Suga

写真の1枚目と最後は、plus eitchさんが撮影してくださいました。